03-5766-3350

受付時間平日 10:00〜18:00

MENU

  • ウオレット

取引所のウォレットに保管するのは危険?正しいウォレットの選び方と保管方法

仮想通貨の話をする際に必ず「ウォレット」という言葉を耳にします。仮想通貨におけるウォレットとはどのような存在なのでしょうか。

今回はウォレットの種類について理解し、シチュエーション別でどのようなウォレットを使っていくのが良いのか学んで行きたい思います。

1 仮想通貨のウォレットはどこを使うべきか

ビットコインや仮想通貨のウォレットとは、通貨の保管をしたり送金・受け取りをするための「財布」です。
大きく分けると、以下の5つの形式に分類されます。

  • デスクトップウォレット(PC上の財布)

  • ウェブウォレット(Web上の財布)

  • モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)

  • ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)

  • ハードウェアウォレット(専用財布端末)

どのウォレットにも長所と短所があり、シチュエーションによって使い分ける必要があります。
基本的には、ハードウォレット以外全て「無料」で作成することができ、数分程度で自身のウォレットを手に入れることができます。
しかし、いずれにしても保管方法には十分注意し、自身の秘密鍵(パスワード)が他人に漏れないように注意しなくてはいけません。

以下、「使う」ことと「保管」することで分類し、その特徴について見て行きたいと思います。

2 仮想通貨の取引をするならwebウォレット・モバイルウォレットがオススメ

仮想通貨の取引することに重きを置く場合、「webウォレット」「モバイルウォレット」がお勧めです。

webウォレット、いわゆるオンラインウォレットは、インターネットにいつでも繋げられる状態のウォレットのことを指します。

オンラインウォレットのメリットは主に3つ。
一つ目はインターネット上にウォレットが存在するのでデバイスに関係なく利用することができます。IDとパスワードさえ分かればどこでもアクセスすることが可能です。
二つ目は自分のPC やデバイスが壊れてもビットコインや仮想通貨に影響がないということ。自身のハードに問題があっても紛失しないのはとても利便性が高いと言えるでしょう。

三つ目は口座開設や設定が簡単に行えることです。

また逆にオンラインウォレットのデメリットには、サイトがシステム傷害を起こしていたら使用出来ないこと、ハッキング攻撃で仮想通貨が盗まれる可能性が高いということが挙げられます。
アプリやサイトに依存しますので自身が注意していても紛失してしまう可能性があるのです。

次にモバイルウォレットですが、いわゆる携帯電話アプリになっているウォレットのことを指します。
モバイルウォレットのメリットとデメリットについてですが、メリットは、実際に店舗等で利用する際の決済がとても便利であること。アプリを開いてパスワードを入力するだけで送金ができます。
また、アプリの使いやすさも特徴的です。どのウォレットアプリも、サクサクと動き不快感を与えない作りになっているので手軽に扱うことができます。

反対にデメリットは、ウイルスやハッキングのリスクが高く多額の仮想通貨の保管には向かないことが挙げられます。オンラインウォレットと同様、自身が注意していても紛失してしまうリスクは消えることはありません。
また、携帯電話の紛失によって、資産が消失してしまう可能性もあります。アプリによって異なりますが、過信のし過ぎは避けた方が賢明でしょう。

3 仮想通貨を保管するならデスクトップウォレット・ハードウェアウォレット・ペーパーウォレットがオススメ

仮想通貨を保管することに重きを置く場合、「デスクトップウォレット」「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」がお勧めです。

デスクトップウォレットのとはPC上に保管できるウォレットのことを指します。
デスクトップウォレットのメリットとデメリットを比較してみましょう。
まずメリットとしては、webウォレット(オンラインウォレット)よりも高性能でセキュリティに優れていること。
オフラインにしてしまえばハッキングされる心配がないことがあります。PCの電源をオフにしてしまえば外部からの侵入を防ぐことができるため、ハッキングのリスクを極限まで下げることができます。

逆にデメリットには、PCが故障した際に消失してしまうこと、ウイルスに感染した場合に漏洩する可能性があること、持ち運びが不便であることなど挙げられます。

次にハードウェアウォレットです。
見た目はフラッシュメモリーによく似ているタイプが主流で、コンパクトな形状をしているものが主流です。

メリットとしては、USBフラッシュメモリーのように扱えるため、持ち運びに便利な事。
オフライン管理が出来るのでセキュリティ面で優れていること。

そのまま決済までできる(ものによって異なる)ことなどが挙げられます。


またデメリットには、本体価格が高額なこと。現状では安価なものでも1万円程度。高価なものでは5万円以上するものも存在します。
またハードウェアなので故障するリスクがあること、コンパクトな形状が多い為紛失のリスクがあるということなども挙げられます。

最後にペーパーウォレットについて。
その名の通り、紙状のウォレットです。インターネット上のwebサイトで作成し、印刷して使用します。

ペーパーウォレットのメリットは、多額の仮想通貨を安全、且つシンプルに保管出来ること。紙なのでハッキングに合う可能性が0%であることが特徴的です。

逆にデメリットは盗難、紛失(災害等で焼失)の可能性があること。単なる「紙」ですので、劣化によりQRコードが読み取れなくなる可能性もあります。
またお財布代わりにならないこと、特性上一度使用したら2度と使えないことなどがあります。

4 ウォレットは複数持ち資産を分散させることが大切

このようにウォレットは様々な種類があり、そのシチュエーションによって使い分ける必要があります。
オススメの保管方法は、すぐ使いたい時に使えるように少額をオンライン系のウォレットに保管し、残りの仮想通貨はハードウォレットやペーパーウォレットなどに保管し金庫にしまっておくこと。
海外では、強盗がナイフを突き刺しビットコインウォレットを奪うという事件も発生しております。
日本円を管理するのと同様、分散して保管することをおススメしております。

当スクールでは、それぞれの作成方法について1つ1つ丁寧に解説しております。
カンタンな作業ではありますが、海外のサイトであるがために英語表記しか対応していないものも多数存在します。
インターネットサイトを見ながら独りで作成する方法も良いですが、対面で一緒に作成し、メリットデメリットをケーススタディで解説しながら学んで行くスタイルもいかがでしょうか。