03-5766-3350

受付時間平日 10:00〜18:00

MENU

  • ウオレット

ハードウォレットに仮想通貨を保管するメリットとデメリットとは?

ハードウォレットに仮想通貨を保管するメリットとデメリットとは?

ビットコインやリップル、イーサリアムなどの有名な仮想通貨を保有してる人もいるでしょう。

ただ、なかには自身の仮想通貨が盗まれないか不安な人もいるはず。保管方法によって仮想通貨が盗難される確率も変わります。

そこで今回は「ハードウォレット」の内容を紹介します。その他にもメリット・デメリットも載せてあるのでお見逃しなく!

 

仮想通貨のハードウォレットの仕組みとは?

ハードウォレットとは、秘密キー(パスワード)のデータが入っているUSBメモリのような形状をしたものです。代表的な製品として「LedgerNanoS」、「TREZOR」などがあります。

なおハードウォレットは、直接仮想通貨を保管するツールではありません。あくまで、仮想通貨へアクセスするときに使う秘密キーが入っている道具にすぎないので、利用方法を間違えないようにしましょう。

 

ハードウォレットのメリットは?

この章では、ハードウォレットのメリットを紹介します。

メリットは大きく2点です。

 

セキュリティ性が高い

一番のメリットは、セキュリティ性が高いことです。

ハードウォレット内で設定されているパスワードは、オフラインで保管できます。

つまり、ハードウォレット内で生成された秘密キーの内容がネットワーク上に漏れる心配もほとんどないため、非常に安全性が高いと言えるのです。

ハードウォレット内で設定されたパスワードを利用し仮想通貨を送金すれば、外部から読み取られる確率も低いので安全性は極めて高いと言えるでしょう。

 

保管しやすい

ハードウォレット自体、大きくないため保管しやすいです(ハードウォレットによって大きさは異なります)。

財布・内ポケットの中など、いろいろな場所で保管できます。ただし、ハードウォレットは小さいので紛失には気を付けてください。

 

ハードウォレットのデメリットは?

ハードウォレットのデメリットについても見てみましょう。

デメリットについても2点載せてあります。

 

他のウォレットと比べ、高額な商品が多い

ハードウォレットは、他のウォレットと比較して高額な商品が多いです。

高い商品だと1万円を超えます。

また、各製品によって使い勝手・機能が異なるので、ハードウォレットについて詳しい店員へ質問できる場所で店舗で購入することをおすすめします。

ハードウォレットを使ったことがない人は、通販ではなく路面店で購入した方が良いかもしれません。

 

入手困難な製品がある

ハードウォレットによっては、入手困難な製品もあります。

例えば「生産数が少ない」、「日本での販売をしていない」などです。

ただ、入手困難なハードウォレットを買ったからといって使い勝手抜群な商品とは限りません。

コンピュータの環境、保有している仮想通貨の種類によって使い勝手は異なるので、入手困難な商品だからといって焦って購入するのは控えた方が良いでしょう。

 

ハードウォレット以外の保管方法はあるの?

ウォレットといっても、ハードウォレットだけではなくその他にも種類があります。

最後の章では、ハードウォレット以外の保管方法を3つ紹介します。

どの保管方法が合っているか参考にしてみてください。

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、秘密キーの内容を紙に印刷して保管する形式のことです。

ネットワーク上に秘密キーの内容を保管する必要がないためセキュリティ面では優れています。さらに、秘密キーの内容を保管するときの費用も無料になっていることが多いため、少しでも節約したい人にもピッタリです。

ただ、秘密キーの内容を紙に印刷する必要があるため多少面倒です。

なお、ペーパーウォレットで秘密キーを保管するときには、下記の内容に気を付けましょう。

 

秘密キーが記載してある紙を紛失しない

秘密キーが記載してある紙を紛失すると、秘密キーの内容が分からなくなるので要注意。

また、秘密キーの内容を第三者に盗み見されると悪用されるケースもあるので金庫などを使って厳重に保管しましょう。

 

紙の内容が消えないように保管する

秘密キーが記載してある内容が消えないようにするのも大事です。

保管方法によっては、紙に記載してある内容がすべて消えるケースもあります。

また、紙質によって字の消え具合が変わるため、インクが消えづらい紙に秘密キーの情報を印刷するのがベストです。

 

ローカルウォレット

ローカルウォレットは、自身のコンピュータ上で保管することです。

ローカルウォレットのソフトをコンピュータに保管して使用します。

この方法で仮想通貨を保管する場合も、オフライン上で保管することができるので、セキュリティ面はそこそこ高いです。

また、入出金もいつでもできるため使い勝手も良いでしょう。

しかし、ローカルウォレットのソフトをコンピュータ内にダウンロードするため、コンピュータ内の空き容量が必要です。

さらに、コンピュータがウイルスに感染していた場合、秘密キーの内容が外部へ漏れる可能性もあるため、ローカルウォレットを使うときは自身のコンピュータを点検してから使った方が良いと言えます。

 

オンライン上のウォレット

オンライン上で仮想通貨を保管できる形式もあります。

主に、クラウド上や仮想通貨取引所内で保管するパターンを指します。

オンライン上のウォレットへ保管した場合、どのパソコンからでもウォレット内を確認できるため、自身のコンピュータが壊れてもデータが消えることはありません。

ただ、オンライン上で仮想通貨を保管しているので、他のウォレットと比べハッカー被害に遭う可能性が高いです。

また、仮想通貨取引所内のウォレットに預けていて取引所が倒産した場合、資産が返ってこない恐れもあります。

なお、オンライン上のウォレットを選ぶときは下記のことを確認しましょう。

 

ウォレットのセキュリティ度合を確認する

各オンライン上のウォレットで、セキュリティ度合は異なります。

公式サイトによっては、セキュリティ面で工夫している箇所も載せてあるのでチェックしましょう。

また、ハッカー被害に遭ったウォレットを利用するときは「何が改善されたか」、「信頼性が高いウォレットか」確認したうえで、使うことをおすすめします。

 

保管できる仮想通貨の種類を調べる

オンライン上のウォレットでも、保管できる仮想通貨の種類は違います。

保管できる種類数を調べたうえで、どのウォレットを使うか決めると良いでしょう。

ウォレットのなかには、1種類の仮想通貨しか保管できないケースもあるので気を付けてください。

 

ウォレットを上手く活用し、仮想通貨盗難の被害を防ごう

ウォレットにはいろいろな種類がありますが、大事なのは自身の状況に合わせてウォレットを使い分けることです。

仮に、100万円分の仮想通貨を保有していたときに1つのウォレットでしか保管していない状況だと、全額盗まれる恐れがあります。

しかし、5つのウォレットに振り分けて保管すれば、被害額を抑えられるかもしれません。

仮想通貨を保管するときにはリスクヘッジをする意味でも、複数のウォレットを使用することをおすすめします。

ただ、そうはいってもウォレットについて深く学びたいと思っている方もいるはず。

その方には、当協会が運営している仮想通貨投資塾「COINPORT」をおすすめします。

学校(スクール)へ通っている感覚で勉強できるため役立つはず。

また、ウォレットだけではなく、仮想通貨トレードについても学べるため、投資益が上がるきっかけになるかもしれません。

いろいろな人から学んで、充実した人生を過ごしましょう!