03-5766-3350

受付時間平日 10:00〜18:00

MENU

  • 仮想通貨の基礎知識

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?どういう仕組み?

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?どういう仕組み?

仮想通貨投資を行っている人もいると思います。仮想通貨トレードで稼ぐのが一般的だと思われていますが、他の方法で稼ぐことも可能です。

その中でも、今回は「エアドロップ」について紹介します。

本記事では、エアドロップの概要・メリット・参加するときに必要なモノ・注意点が載っているので、仮想通貨を用いて稼ぎを増やしたいと思っている方は、参考にしてみてください。

 

エアドロップとは

エアドロップとは、投資家へ対して無料で仮想通貨の配布をすることです。

ICOと似ていますが、ICOの場合はお金を支払わないと仮想通貨を手に入れることができません。

ただ、なかには「無料で仮想通貨をばらまくと、仮想通貨発行元は損をしてしまうのでは?」と感じる人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの企業は宣伝目的でエアドロップを実施しています。

高額なCMを放映することより、エアドロップを実行した方が「費用対効果が良くなる」と感じた仮想通貨発行元企業であれば、積極的にエアドロップを行う可能性が高いです。

ただし、エアドロップは費用が比較的かからないため、応募者が殺到するケースも多いです。

場合によっては、募集期間が終了する前に締め切られる場合もあるので、募集開始初日の段階で応募することをおすすめします。

 

エアドロップのメリットは?

この章からは、エアドロップのメリットを見てみましょう。理解していただき、エアドロップに挑戦していただけると幸いです。

 

仮想通貨を手に入れるための費用が安い

仮想通貨を手に入れるための費用が、ほとんどかかりません。

前述の通り、エアドロップは宣伝目的で実施されるので、無料で仮想通貨を手に入れられることも多いです。

お金をあまり持っていない人だとしても参加できる確率は高いです。

ただし、案件によっては「ビットコインを〇〇枚以上持っておかなければ参加できない」など参加条件が設定されているケースもあるので、詳細を確認してからエアドロップに参加することをおすすめします。

 

仮想通貨が高額で売れる可能性がある

無料で配布された仮想通貨が、高額で売れる可能性もあります。

例えば、エアドロップで配布された仮想通貨が5年後に世界中で利用されれば需要も増え、仮想通貨の価値が「数十倍・数百倍」になるかもしれません。

結果、無料で手に入った仮想通貨が数十万円になる可能性もあります。

ただ、仮想通貨が世の中に出なければ、高額で売却されることもほとんどないので気を付けてください。

 

特典があるかもしれない

エアドロップによっては、参加者限定に特典が付与されるケースもあります。

例えば「無料セミナーの招待」、「ICOなどの優先案内」など、エアドロップの参加者を増やすために工夫をしている仮想通貨発行会社もあります。

レアな特典に出会える可能性があるのもエアドロップに参加するメリットの一つです。

 

エアドロップに参加するときに必要なモノ

エアドロップには、参加するときに必要なモノがあるので紹介します。

 

メールアドレス

メールアドレスは、エアドロップの情報などを受診できるアドレスを使いましょう。

フリーアドレスも基本的には利用できますが「受信拒否」にしていると、申し込み後のメールが受信できないケースもあるので気を付けましょう。

 

ウォレットのアドレス

ウォレットとは、ネットワーク上で仮想通貨を保管するためのツールです。

ほとんどのエアドロップでは、ウォレットの保有が必須です。

ただし、仮想通貨の種類によって必要なウォレットの種類は異なります。

そのため、たくさんのエアドロップに参加しようと思っている人は、それなりのウォレットが必要になるケースもあるので注意してください。

 

ツイッターのアカウント

ツイッターのアカウントも、エアドロップへ参加するときに必要となることが多いです。

なかには、複数のアカウントを利用してエアドロップに参加する人もいます。

ただし、仮想通貨発行元によっては、同一人物が複数のアカウントで参加している人物を見つけた瞬間、エアドロップへの参加を禁じられる可能性もあります。

不利益な状況になることを避けるためにも、アカウントを複数使うのは辞めた方が良いでしょう。

 

テレグラムのアカウント

テレグラムとは、チャット機能が付いているツールです。

仮想通貨発行元によっては、テレグラムを利用しメッセージのやり取りを行っていることがあるため、テレグラムへの登録をおすすめします。

テレグラムは1億人前後が登録しているので、信頼できるアプリだといっても良いでしょう。

 

エアドロップに参加するときの注意点

エアドロップに参加したからといって、100%儲かる保証はありません。

場合によっては、参加者が不利益を被るケースもあります。

最後の章ではエアドロップへの参加で泣く羽目にならないように、参加するときの注意点を見てみましょう。

 

詐欺案件にダマされない

エアドロップのなかには、はじめから参加者へ仮想通貨を渡すつもりがない案件。

いわゆる「詐欺案件」と呼ばれるものが存在します。

一般的なのは、参加者のメールアドレスなどの個人情報を盗むケースです。

個人情報を盗まれると、他の業者へ悪用・販売をされる場合があるので気を付けましょう。

もし、詐欺案件か不安な人はインターネット上に載っている「クチコミ」を見ると、詐欺案件を見極めるときの参考にできます。

また、仮想通貨投資家同士で情報交換をしているコミュニティもあるので、情報共有すると良いかもしれません。

ただし、投資家によってはウソの情報を流す人もいるため注意してください。

 

仮想通貨の受け取り時期を確認する

エアドロップに参加した後、仮想通貨を受け取れるまでどのくらいの時間を要するか確認するのも大事です。

エアドロップ参加申し込み後、1カ月前後で仮想通貨を受け取れるケースもあれば、受け取りまで半年以上かかるケースもあります。

ただエアドロップの申込を行った後に、自身で仮想通貨受け取りの手続きをしなければ、手元に仮想通貨が配布されないケースも多いので覚えておきましょう。

 

仮想通貨の受取条件を確認する

仮想通貨の受取条件を確認するのも大事です。

なぜなら、エアドロップによって仮想通貨の受取条件は異なるからです。

無条件でエアドロップに参加できるケースもありますが、前もって別の仮想通貨を持っておかないと参加できないこともあるので要注意。

また、エアドロップによっては受取条件のハードルが高く設定されているケースもあるため、自身が参加できそうな案件を選びましょう。

 

普段からエアドロップの情報を集めておく

エアドロップは数カ月前から情報が共有されるケースもあれば、1~2週間前から情報が共有されるケースもあります。

そのため、日頃からエアドロップに関する情報を集めておくことが大事です。

エアドロップの情報を集めるときは仮想通貨発行元のサイトだけではなく、仮想通貨発行元のツイッター(ツイート)やFacebook、投資家同士の交流で情報が手に入るケースもあるので、日頃からチェックすると良いかもしれませんね。

 

エアドロップの案件はしっかりと選ぼう

エアドロップは無料で参加できるケースが多い反面、詐欺案件にダマされるケースもあります。

無料で参加できるからといって、何も判断せずに飛びつくのは控えましょう。

ただ、どんな案件に参加すれば判断できないケースもあると思います。

その場合は、仮想通貨投資塾「COINPORT」に参加するのも一つの手です。「COINPORT」に参加すると、スクール(学校)に通っている感覚でエアドロップについて質問できます。

また、仮想通貨取引所や確定申告のことなどエアドロップ以外についても学べるので、仮想通貨全般を極めたい人にもおすすめです。

自宅でも学べるので、気になる方は問い合わせてみてください。