03-5766-3350

受付時間平日 10:00〜18:00

MENU

  • 取引所(口座開設)

仮想通貨販売所と取引所の違い!それぞれの特徴を徹底解説!

仮想通貨販売所と取引所の違い!それぞれの特徴を徹底解説! 

 

仮想通貨投資を行うときに利用する場所といえば「仮想通貨取引所」が一般的です。 

しかし、それ以外の場所として「仮想通貨販売所」と呼ばれる場所もあります。ただ、なかには2つの違いが分からない方もいると思います。 

そこで今回は、販売所と取引所の違いを紹介しつつ、販売所を利用するメリット・デメリットについても紹介させていただきます。

記事終盤には、どんな人におすすめか記載してあるのでお見逃しなく! 

 
仮想通貨販売所ってどんな場所? 

 仮想通貨販売所は、仮想通貨を取り扱っている業者から直接購入する場所を指します。

つまり、会社対個人の取引となっているのです。代表的な販売所は「bitFlyer」、「Zaif」などがあります。 

 なお、海外で運営されている仮想通貨販売所もありますが、サイト内の文章などは外国語で記載されているケースが多いです。

翻訳機能を使えば日本語に訳すこともできますが、100%正しい意味の訳になっているとは限らないので気を付けましょう。

また、販売所によっては法律違反を犯している場合もあるので、不安な方は日本国内の販売所で口座開設することをおすすめします。 

 

仮想通貨取引所との違い 

仮想通貨取引所と販売所の違いは、大きく分けて3つあります。 

仮想通貨の購入(売買)先 

一番の違いは、仮想通貨の購入(売買)先だといえます。

仮想通貨取引所では、仮想通貨を保有している個人から買い取るのが一般的です。

例えば、BTC(ビットコイン)を購入したいのであればBTCを売りに出している人から購入をして、逆にBTCを売りたい人は、BTCを買いたいと思っている人へ売却するイメージです。 

ただ、個人間取引なので仮想通貨を購入(売却)する相手がいなければ取引ができません。

とくに、仮想通貨の値段が大暴落を起こすと、仮想通貨の売却希望を出しても購入する相手がいなくなることもあるので気を付けましょう。 

 

スプレッドの差 

スプレッドの差も全く違います。スプレッドとは、仮想通貨を購入する時の値段と売却する時の値段の差(開き)のことです。

販売所よりも取引所で仮想通貨売買をした方がスプレッドの差は小さくて済みます。  

ただし、スプレッドの差は取引所(販売所)によって数値は違うので、各場所を比較したうえで取引(販売)所を利用しましょう。

なお、本記事終盤にもスプレッドの差について詳しく記載してあるので読んでみてください。 

購入(売却)時に使える機能 

仮想通貨取引所では、販売所と比べ購入(売却)時に使える機能数が多いです。「成行注文」、「指値注文」など自身の状況に合わせていろいろと操作できます。

ただ、販売所の方が使える機能は少ないけど、シンプルで使いやすいという声があるのも事実。 

いろいろな機能を使って仮想通貨の購入(売却)を行いたい人は「取引所」を利用し、シンプルに済ませたい人は販売所を使うと良いかもしれませんね。 

 

販売所で仮想通貨を購入するメリット・デメリットは? 

 この章からは、実際に仮想通貨を販売所で購入するメリットとデメリットを見てみましょう。 

 

仮想通貨を購入できる確率が高い 

販売所での一番のウリは、仮想通貨を手に入れやすいことです。

取引所の場合、仮想通貨を売却する相手がいなければ購入できません。

 

しかし、販売所では仮想通貨を取り扱っている業者から買うため、業者側で仮想通貨の在庫がなくならない限り原則購入できます。 

 

つまり、仮想通貨を迅速に購入できる確率が取引所と比べ高いのです。

もちろん、仮想通貨を売りたい場合も販売所自体がシステムエラーなどを起こさない限り、原則買い取ってもらえます。

どんなときでも、素早く仮想通貨の売買をしたい人におすすめです。 

 

スプレッドの手数料が高い 

取引所での仮想通貨売買と比べ、スプレッド差がとにかく大きいです。

しかも、販売上によってはスプレッドの差が変動することもあるため気を付けなければなりません。 

 例えば、BTC購入時の値段が100万円で売却時の値段が95万円であれば、スプレッド差は5万円(5%)となります。

取引所で売買するときのスプレッド差は、0.2%前後に納まることが多いです。しかし、販売所での売買だとスプレッドの価格差だけで5%を超えることもあります。  

取引所でのスプレッドが0.2%、販売所でのスプレッドが5.5%だとすれば、販売所で設定されているスプレッドの方が27.5倍も高いことが分かります。

大量の仮想通貨を運用する人には取引所でトレードした方が、オトクだといえるでしょう。 

 

仮想通貨販売所はどんな人におすすめ?

 
仮想通貨取引所を使った方が良い人もいれば、販売所を使った方が良い人もいます。

そこで最後の章では、どんな人に仮想通貨販売所がおすすめか見てみましょう。

自身に当てはまっていないか確認しながら読んでみてください。 

 

値動きが不安定なときに、仮想通貨の売買をしたい 

値動きが不安定なときは、注文タイミングが数秒違うだけで大損をすることもあります。

取引所だと仮想通貨を売却する(購入したい)相手がいない限り、売買注文を出しても成立しません。 

しかし、販売所での売買であれば業者が不具合を起こさない限り、注文後に売買が成立するためおすすめです。

例えば、値動きが不安定なときに利確のチャンスを何度も狙いたいと考えている人は、販売所での売買が良いかもしれません。 

ただし、業者への注文が殺到しすぎてサーバーダウンが起こる可能性も0とは言い切れないので、常に何かしらのイレギュラーが起こっても良いような心構えはしておきましょう。 

 

注文の失敗をしたくない 

取引所だと、仮想通貨の注文に失敗する可能性があります。下記の例を見てみましょう。  

=例.BTCを10万円で1枚購入したい= 

=例.BTCを10万円で1枚購入したい= 

買い手側:BTCを10万円で購入したい人は100人(枚)分 

売り手側:BTCを10万円で売却したい人は0人(枚) 

※今回は、1人につきBTC1枚の購入(売買)としています。 

 上記の場合、購入希望者側は100人(枚)、売却希望者側は0人(枚)です。売却希望者がいないため、10万円でBTCを購入できないということになります。

これが、仮想通貨の購入注文をしたのに失敗したパターンです。  

ただ、取引所であれば注文できないことはほとんどありません。

なぜなら、常に仮想通貨のストックがしてある状態だからです。仮想通貨の注文に失敗した人のなかには、大きな利益をつかめるチャンスがあったのに取り逃がす人もいます。

利益を取り逃がしたくない人は、取引所で仮想通貨のトレードをすると良いかもしれません。 

 

分かりやすい画面で操作をしたい 

シンプルな機能で、分かりやすい画面で売買をしたい人にも販売所での取引はピッタリでしょう。いろいろな売買機能が付いているのが苦手な人は、販売所を利用して売買すると良いかもしれません。

ただし、販売所によって設定されている機能は違うので、いくつか試すことをおすすめします。 

 

仮想通貨販売所と取引所を使い分けて取引を楽しもう 

 仮想通貨販売所・取引所、どちらが良いとは一概には言えません。

なぜなら、お互いにメリット・デメリットがあるからです。

そのため、ケースバイケースに応じて仮想通貨販売所と取引所を使い分けるのがベストだといえるでしょう。

ただ読者のなかには、仮想通貨売買をしても儲からない人がいるのも事実です。 

 

その場合は、当協会で主催している勉強会(スターターサポート)へ参加するのも一つの手。

勉強会では、スクール(学校)感覚で、仮想通貨にまつわる話を聞けたり質問できる機会があります。

勉強会へ参加して、ぜひ仮想通貨投資での利益を増やすチャンスをつかんでみませんか?